航本日誌 width=

 
2000年の記録
目録
 
 
   
 5/現在地
 
このページの本たち
李陵・山月記』中島 敦
後宮小説』酒見賢一

 
各年の目録のページへ…

 
 
 
 
2000年04月29日
中島 敦
『李陵・山月記』
新潮文庫

 中国を舞台にした短編を4つ収録。
 表題作の「李陵」は……敵の捕虜になった男の物語。原典は『漢書』にあります。
 表題作の「山月記」は……虎になってしまった男の物語。中国の古典『人虎伝』が原本。
 とにかく漢字が多いのですが、漢文学独特の間合いが気持ちいい作品集です。リズムのいい文章を楽しみたい方には、特におすすめ。


 
 
 
 
2000年04月29日
酒見賢一
『後宮小説』
新潮社

 中華風架空国家が舞台のファンタジー小説。
 イナカ娘「銀河」が、皇帝の正妃に就職するはなしが大筋。そのころ国内では、反乱軍が決起していて……。
 少々学術書的なところがあって、そこがまたおもしろいのです。
 日本ファンタジーノベル大賞で第一回の大賞に選ばれました。

 
 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■