航本日誌 width=

 
2018年の記録
目録
 1/現在地


 
このページの本たち
ピグマリオン』バーナード・ショー
猫は銀幕にデビューする』リリアン・J・ブラウン
鬼はもとより』青山文平

 
各年の目録のページへ…

 
 
 
 

2018年01月04日
バーナード・ショー(小田島 恒志/訳)
『ピグマリオン』光文社古典新訳文庫(Kindle版)

 イライザ・ドゥーリトルは、下町の花売り娘。
 長年ロンドンの埃と煤にさらされて、風呂に入る習慣もなく汚れ放題。必要最低限のものしか持っておらず、週に4シリングの安宿に暮らしている。
 ある夜イライザは、突然の雨に、コヴェント・ガーデンの教会の軒先に駆け込んだ。多くの人が雨宿りをする中イライザは、なにやらメモを取る男にでくわす。どういうわけだか、イライザの話したことを書いていたのだ。
 男は、音声学のヘンリー・ヒギンズ教授。
 イライザのリッスン・グローヴ訛りを書き取っていたのだ。
 ヒギンズが言うには、イライザの、ドブ板に泥水を流したような英語の発音では、一生貧民街から出ることはできない。しかし、自分がレッスンすれば、3ヶ月で、公爵夫人として通用するようにして見せる、と。
 その言葉は、イライザの心に残った。
 翌日イライザは、ヒギンズの家を訪ねた。
 訛りを直し、美しい言葉を身につければ、ちゃんとした花屋の売り子になれる。トッテナム・コート・ロードの角に立って売るのではなく。
 ヒギンズはイライザの申し出を聞き、居合わせたピカリング大佐と賭けをした。
 イライザを、どこに出しても恥ずかしくない淑女にしてみせる。大使館の園遊会に行けるほどに。
 こうしてイライザは、貴婦人に化けるために厳しいレッスンを受けることになるが……。

 戯曲です。
 ミュージカル映画「マイ・フェア・レディ」の原作。映画とは同じようで違うようで同じ。
 本書は〈1941年版〉と呼ばれるもの。ト書き部分を完全にそのまま上演するのは難しい、というのは作者自身の弁。とにかくト書きが多くて、演出家を兼ねているようでした。
 なんでもバーナード・ショーは、結末を指定どおりに上演されなかったため大激怒したそうで。そんなわけで、後日談が書き足されてます。その部分は戯曲ではなく、単純に、幕が下りた後のイライザが、どう考え、どのような行動をするかを書き連ねただけ。
 納得できる部分もありますし、納得できない部分もありました。


 
 
 
 
2018年01月08日
リリアン・J・ブラウン(羽田詩津子/訳)
『猫は銀幕にデビューする』ハヤカワ文庫HM

 《シャム猫ココ》シリーズ第25作
 ジム・クィラランは、シャム猫のココとヤムヤムと共に、悠々自適な生活を謳歌していた。暮らしているのは、ムース郡ピカックス市。地域新聞〈ムース郡なんとか〉にコラムを執筆している。
 クィラランは、ムース郡はおろか合衆国の中部北東地域でもっとも裕福な独身男だった。その莫大な富は、遺産相続によってころがりこんだもの。クィラランにとって重荷でしかなかったが、慈善団体を設立して遺産をつぎこむことで、問題は解決した。
 4月1日、〈ムース郡なんとか〉の短信コラムに、セルマ・サッカレーのニュースが載った。カリフォルニア州のハリウッドで60年間暮らしたあと、生まれ故郷に帰ってくる、と。
 クィラランは、エイプリルフールのいたずらかと思った。身近なところに、サッカレー家のことを覚えている人がいなかったのだ。
 やがて、本当にセルマ・サッカレーが存在することが分かってくる。クィラランが懇意にしているインテリア・デザイナーのフラン・ブロディが、新居の内装を請け負っていたのだ。
 セルマの父はじゃがいも農場主で、いわゆるひと山を当てた。サーストンというふたごの兄がいる。サーストンは評判のいい獣医だったが、ブラック・クリーク渓谷沿いを一人でハイキングしているあいだに命を落とした。
 フランは、セルマの歓迎会のため、クィラランの自宅を会場にしたいと考えていた。元はりんご貯蔵用納屋で、改装にはフランが関わっている。まるでお城のような景観は、いつでも人々の注目の的だ。
 クィラランは快諾し、セルマは、アシスタントのジャニス、甥のディックを連れてやってきた。セルマは、愛想がよくて泰然自若としていて、印象的な帽子を被っていた。
 セルマは猫が苦手らしい。可愛がっているのは、オウム。五羽いるという。全員がアマゾン生まれで、知性と会話能力が傑出している。クィラランもオウムに興味津々。
 クィラランは、オウムに会うため翌朝に訪問する約束をとりつける。ところが、その夜、ジャニスが電話をしてきた。明日は来ないでほしい、と。
 ジャニスは理由を語らず、ただ、恐ろしいことが起きたと言うばかり。ココの不可解な行動もあり、クィラランは気になって仕方ない。セルマの身辺を調べ始めるが……。

 物語の中心は、セルマ。
 セルマは82歳ですが、元気で精力的。古くて倉庫になっていたオペラハウスを改装して、映画クラブをはじめます。
 サッカレー家が初登場のため、そちら方面でのピカックスの歴史が語られます。まだまだ知らないことがあるんだなぁ、と。


 
 
 
 

2018年01月10日
青山文平
『鬼はもとより』徳間書店

 寛延3年(1750年)。
 奥脇抄一郎は24歳。勘定方に仮設された藩札掛に配属された。
 この時代、どの国の内証も急速に傾きかけている。抄一郎が禄を食む国も例外ではない。窮状を救うために、藩札を導入することになったのだ。
 献策したのは、藩札頭に就いた佐島兵右衛門。藩札掛は、貧しさという、この国最大の敵と闘う。命を惜しむ商人には到底望めぬ務めであり、それを成し遂げうるのは、死と寄り添う武家のみだった。
 それから3年。佐島兵右衛門が風病であっさりと逝った。藩札は上手く回るようになっていたが、まだ内証が劇的に改善されるまでには至っていない。
 そんなとき、飢饉が始まった。
 藩札頭となった抄一郎は、筆頭家老から藩札の刷り増しを命令される。抄一郎は刷り増しに納得がいかない。藩札には藩札頭の専権事項とする取り決めがあるが、命令に従わないでいることは難しかった。
 抄一郎は版木を持ち出し、国を欠け落ちた。
 江戸にたどりついた抄一郎は、万年青商いをはじめ、その伝で藩札板行指南を生業とするようになっていく。
 抄一郎は、藩札の仕法を求め続けた。藩札で、国を大元から立て直す仕法へ通じる戸がどこかにあるはず。
 はじめて藩札に関わってから8年が経っていた。
 北の海に臨む島村藩一万七千石から、藩札指南を頼まれた。はじめて導入するという。
 抄一郎は一国を救うべく取り組むが……。

 武家社会における、経済活動が主軸。
 藩札とは、その藩独自の兌換紙幣。抄一郎は島村藩で、藩政改革を断行しようとしている人物に協力し、さまざまな策を授けます。
 藩札のことが掘り下げられるのかと思いきや、抄一郎は、まるで経営コンサルタント。藩札で国を救うはずが、商売で国を救う話になっていたような……。

 文体はサラリとして柔らかいのですが、漢字の選択に確固としたこだわりが感じられました。その選択が合うときにはいいんですけれど、残念ながら合わなかったようで気になって仕方なかったです。
 江戸時代の予備知識も、本書では邪魔でした。いろいろと知らずに読んだ方が楽しめそうです。

 
 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■