航本日誌 width=

 
2011年目録
 
 2011年の目標は、単純に100冊。
……2007年に100冊読んで以降は、70冊、80冊、90冊、と徐々に戻ってきているものの、いまだ100冊には届かず。数読めばいいわけではないものの、それなりに読まないとおもしろ本と出会えないのも事実なわけで。
 と言いつつ、けっきょく80冊に終わった年でした。
 震災の余波で、バタバタしてましたしね……と、言い訳してみたりして。まさにあのとき読んでいた本は、こちら

デニス・ダンヴァーズ
天界を翔ける夢
 仮想空間〈ビン〉が稼働すると、人々は、病や暴力、死の恐怖から解放された。ほとんどの人類が現実世界を去る中、ネモは〈ビン〉に移り住むことを拒否しつづける。しかし、一時的に訪問した〈ビン〉で、歌手のジャスティンに一目惚れ。ネモは決断するが……。


 

 
 2011年の…
 ■記録(本文)
 ▼もっとも好きな一冊
 ▼気になる本たち
 ▼読了本一覧
 

他の目録のページへ…

 
 
もっとも好きな一冊
ブランドン・サンダースン
エラントリス 鎖された都の物語
 かつて光り輝いていた〈神々の都市〉エラントリスの崩壊から10年。アレロン王国の王子ラオデンは、無作為に訪れる〈シャオド〉と呼ばれる現象によって、呪われたエラントリス人となってしまった。王子は亡き者とされ、エラントリスに閉じ込められてしまうが……。

 
 
気になる本たち
ジェフ・ヌーン
花粉戦争』  黒タクの運転手コヨーテの死体が、異様な姿で発見された。捜査にあたるシャドウ・コップのシビルは、被害者の記憶をさぐり、ボーダという名を見つけだす。ボーダは、過去を持たないXタクシーの運転手にしてコヨーテの恋人。コヨーテ殺害の犯人を突き止めようとするが……。 
アダム=トロイ・カストロ
シリンダー世界111
 独立ソフトウェア知性集合体〈AIソース〉によって創られたシリンダー型世界111で、殺人事件が発生した。被害者は、知性体ウデワタリを調査している人類の外交団の一員。法務参事官アンドレアが駆けつけ調査に着手するが……。
   
パトリシア・A・マキリップ
妖女サイベルの呼び声
 魔術師の娘であるサイベルは、白い館で、書物と想像を絶するけものと共に暮らしていた。あるときサイベルは、甥に当たる赤児タムローンを預かる。タムローンは、現エルドウォルド王ドリードのひとり息子。サイベルは愛情を込めて育て上げるが……。
 

 
 
 
読了本一覧
2011年01月 きょうも上天気』SF短編傑作選
影のオンブリア』パトリシア・A・マキリップ
ポストマン』 デイヴィッド・ブリン
銀の髪のローワン』アン・マキャフリイ
ブレイクの飛翔』レイ・ファラデイ・ネルスン
私自身の見えない徴』エイミー・ベンダー
 
2011年02月 雷電本紀』飯嶋和一
時間封鎖』ロバート・チャールズ・ウィルスン
雪のひとひら』ポール・ギャリコ
時の扉をあけて』ピート・ハウトマン
九年目の魔法』ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
冬の薔薇』パトリシア・A・マキリップ
 
2011年03月

花粉戦争』ジェフ・ヌーン
災いの古書』ジョン・ダニング
天界を翔ける夢』デニス・ダンヴァーズ
フラクタルの女神』アン・ハリス
 

2011年04月 オドの魔法学校』パトリシア・A・マキリップ
オラクル 巫女ミラニィの冒険』キャサリン・フィッシャー
世界の秘密の扉』ロバート・チャールズ・ウィルスン
彷徨える艦隊6 −巡航戦艦ヴィクトリアス−』キャンベル
 
2011年05月 死者の書・身毒丸』折口信夫
ヴァンパイア・アース −〈狼〉の道−』E・E・ナイト
ペニーフット・ホテル受難の日』ケイト・キングズバリー
ここがヴィネトカなら、きみはジュディ』時間SF傑作選
女王天使』グレッグ・ベア
凍月』グレッグ・ベア
火星転移』グレッグ・ベア
斜線都市』グレッグ・ベア
チェンジリング・シー』パトリシア・A・マキリップ
シリンダー世界111』アダム=トロイ・カストロ
 
2011年06月 エラントリス 鎖された都の物語』ブランドン・サンダースン
未知の地平線』ロバート・A・ハインライン
地球の静止する日』SF映画原作傑作選
   
2011年07月 影の王』スーザン・クーパー
赤い惑星への航海』テリー・ビッスン
ロスト・イン・スペース』ジョーン・D・ヴィンジ
ようこそ女たちの王国へ』ウェン・スペンサー
大いなる復活のとき』サラ・ゼッテル
グリムスペース』アン・アギアレイ
   
2011年08月 額田女王』井上 靖
創世の島』バーナード・ベケット
星の光、いまは遠く』ジョージ・R・R・マーティン
アルコン 神の化身アレクソスの〈歌の泉〉への旅』フィッシャー
愛書家の死』ジョン・ダニング
風の谷のナウシカ』宮崎 駿
闇の船』サラ・A・ホイト
イエスの古文書』アーヴィング・ウォーレス
 
2011年09月 占星師アフサンの遠見鏡』ロバート・J・ソウヤー
永劫回帰』バリントン・J・ベイリー
天空の舟 小説・伊尹伝』宮城谷昌光
アゴールニンズ』ジョー・ウォルトン
リックの量子世界』デイヴィッド・アンブローズ
 
2011年10月 チャリオンの影』ロイス・マクマスター・ビジョルド
窓ぎわのトットちゃん』黒柳徹子
遙かなる地球の歌』アーサー・C・クラーク
地球の記憶』オースン・スコット・カード
イティハーサ』水樹和佳子
地球の呼び声』オースン・スコット・カード
 
2011年11月 消えた少年たち』オースン・スコット・カード
グランド・セントラル・アリーナ』ライク・E・スプアー
妖女サイベルの呼び声』パトリシア・A・マキリップ
地球最後の日』フィリップ・ワイリー&エドウィン・バーマー
大魔導師の召喚』リック・クック
スターマン・ジョーンズ』ロバート・A・ハインライン
スカラベ 最後の戦いと大いなる秘密の力』フィッシャー
 
2011年12月 沙中の回廊』宮城谷昌光
リンカーンの夢』コニー・ウィリス
ターミナル・エクスペリメント』ロバート・J・ソウヤー
宇宙船ビーグル号』A・E・ヴァン・ヴォクト
スピリット・リング』ロイス・マクマスター・ビジョルド

 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■