書房案内

 
作家別リスト「ま」
イラスト
 名前順に並べました。基準は名字です。
 航本日誌書的独話共通です。
 別名義の作品もあるときには、分かる範囲で併記してあります。
 なお、書的独話でタイトルのみとりあげているもの(内容への言及がないもの)については掲載を見送っています。ただし、掲載した本の関連書としてふれている場合にはリストに入ってます。
 
「*」=アンソロジー
「☆」=共著
 



 
マーシャル【エヴァン・マーシャル】 ▲
 《三毛猫ウィンキー&ジェーン》
  『迷子のマーリーン(2012/6)
  『春を待つハンナ(2012/7)
  『すったもんだのステファニー(2012/10)
 
マーティン【ジョージ・R・R・マーティン】 ▲
 『フィーヴァードリーム(2008/5)
 『サンドキングズ(2005/11) 
 『タフの方舟・1 禍つ星(2005/8)
 『タフの方舟・2 天の果実(2005/8)
☆『ハンターズ・ラン(2010/9)
   書的独話「2010年、ベスト(2011/1)
 『星の光、いまは遠く(2011/8)
 「七たび戒めん、人を殺めるなかれと」
   収録『20世紀SF・4(2001/10)
 
マーフィー【パット・マーフィー】 ▲
 『落ちゆく女(2005/2)
 『ノービットの冒険 −ゆきて帰りし物語−(2001/8)
 『ノービットの冒険 −ゆきて帰りし物語−(2009/6)
 『ノービットの冒険 −ゆきて帰りし物語−(2016/5)
   書的独話「後から前哨戦(2016/2)
 
マイロン【ヴィッキー・マイロン】 ▲
 『図書館ねこデューイ 町を幸せにしたトラねこの物語』
   書的独話「図書館ねこデューイ(2012/8)
 
牧野 修 ▲
 『MOUSE(2001/6)
 
マキャフリイ【アン・マキャフリイ】 ▲
 『だれも猫には気づかない(2001/10)
 『だれも猫には気づかない(2003/3)
 『天より授かりしもの(2004/4)
 『もしも願いがかなうなら(2007/2)
 『塔のなかの姫君(2004/11)
 《キャテン》
  『フリーダムズ・ランディング(2005/10)
  『フリーダムズ・チョイス(2005/10)
  『フリーダムズ・チャレンジ(2005/10)
 《パーンの竜騎士》
  『竜の戦士(2001/3)
  『竜の戦士(2007/6)
  『竜の戦士(2016/5)
    書的独話「2001年ベスト(2005/5)
    書的独話「700冊記念(2006/3)
  『竜の探索(2001/4)
  『竜の探索(2007/6)
  『白い竜(2001/5)
  『白い竜(2007/6)
  『竜の歌(2001/6)
  『竜の歌(2007/6)
  『竜の歌い手(2001/7)
  『竜の歌い手(2007/6)
  『竜の太鼓(2001/7)
  『竜の太鼓(2007/6)
  『竜の反逆者(2001/8)
  『竜の反逆者(2007/6)
  『竜の挑戦(2001/9)
  『竜の挑戦(2007/6)
  『竜とイルカたち(2005/12)
  『竜とイルカたち(2007/6)
  『竜と竪琴師(2007/6)
  『竜の夜明け』外伝1(2001/7)
  『竜の夜明け』外伝1(2007/6)
  『竜の貴婦人』外伝2(2001/8)
  『竜の貴婦人』外伝2(2007/6)
  『ネリルカ物語』外伝3(2001/8)
  『ネリルカ物語』外伝3(2004/2)
  『ネリルカ物語』外伝3(2007/6)
    書的独話「何度も読みたくなる本(2011/10)
 《恐竜惑星》
  『惑星アイリータ調査隊(2004/7)
  『アイリータの生存者(2004/7)
 《ペガサス》
  『ペガサスに乗る(2016/2)
  『ペガサスで翔ぶ(2016/2)
 《九星系連盟》
  『銀の髪のローワン(2011/1)
  『青い瞳のダミア(2016/7)
  『ダミアの子供たち(2017/6)
  『ライアン家の誇り(2017/6)
 
マキリップ【パトリシア・A・マキリップ】 ▲
 『妖女サイベルの呼び声(2011/11)
   書的独話「2011年、ベスト(2012/1)
 『茨文字の魔法(2009/10)
 『影のオンブリア(2011/1)
 『冬の薔薇(2011/2)
   書的独話「伝承の行方(2011/2)
 『オドの魔法学校(2011/4)
 『チェンジリング・シー(2011/5)
 『バジリスクの魔法の歌(2012/8)
 『女魔法使いと白鳥のひな(2013/8)
 《イルスの竪琴》
  『星を帯びし者(2017/2)
  『海と炎の娘(2017/5)
  『風の竪琴弾き(2017/5)
 
マクデヴィット【ジャック・マクデヴィット】 ▲
 「標準ローソク」
   収録『90年代SF傑作選(2002/10)
 《アレックス&チェイス》
  『ハリダンの紋章(2012/4)
  『ハリダンの紋章(2015/11)
  『探索者(2012/1)
  『探索者(2015/11)
    書的独話「2012年、ベスト(2013/1)
    書的独話「失われた植民地(2013/1)
 
マクドナルド【イアン・マクドナルド】 ▲
 『火星夜想曲(2001/3)
 『黎明の王 白昼の女王(2012/8)
 「帝国の夢 −地上管制室よりトム少佐へ−」
   収録『80年代SF傑作選(2002/5)
   収録『80年代SF傑作選(2008/8)
 「キリマンジャロへ」
   収録『20世紀SF・6(2002/6)
 「フローティング・ドッグズ」
   収録『90年代SF傑作選(2002/10)
 「キャサリン・ホイール(タルシスの聖女)」
   収録『スティーヴ・フィーヴァー(2013/6)
 
マクドナルド【ジェイムズ・D・マクドナルド】 ▲
☆『サークル・オブ・マジック 魔法の学校(2010/1)
☆『サークル・オブ・マジック 邪悪の彫像/王様の劇場(2010/2)
☆『サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和(2014/1)
 
マクニッシュ【クリフ・マクニッシュ】 ▲
 『レイチェルと滅びの呪文(2010/2)
 
マクラウド【イアン・R・マクラウド】 ▲
 「わが家のサッカーボール」
   収録『90年代SF傑作選(2002/10)
 
マクラウド【ケン・マクラウド】 ▲
 『ニュートンズ・ウェイク(2006/8)
 『ニュートンズ・ウェイク(2015/7)
   書的独話「シンギュラリティって?(2006/8)
 
マクレイン【キャサリン・マクレイン】 ▲
 「接触汚染」
   収録『冷たい方程式(2001/9)
 
マコーリイ【ポール・J・マコーリイ】 ▲
 『フェアリイ・ランド(2006/6)
 『4000億の星の群れ(2005/9)
 「遺伝子戦争」
   収録『20世紀SF・6(2002/6)
 
柾 悟郎 ▲
 『ヴィーナス・シティ(2002/1)
 
マシスン【リチャード・マシスン】 ▲
 『アイ・アム・レジェンド(2008/2)
 『奇蹟の輝き(2012/5)
 「終わりの日」
   収録『20世紀SF・2(2001/8)
 「消えた少女」
   収録『影が行く(2006/1)
 
ますむら・ひろし ▲
 『銀河鉄道の夜(2000/3)
 
町田 康 ▲
 『夫婦茶碗(2001/5)
 
マッカーシイ【ウィル・マッカーシイ】 ▲
 『アグレッサー・シックス(2005/5)
 『コラプシウム(2006/6)
 
マッキンタイア【ヴォンダ・N・マッキンタイア】 ▲
 『太陽の王と月の妖獣(2005/9)
 「“畑のステンシル模様”事件」
   収録『シャーロック・ホームズのSF大冒険(2007/2)
 
マッケナ【リチャード・マッケナ】 ▲
 「狩人よ、故郷に帰れ」
   収録『黒い破壊者(2015/6)
 
マッケンロー【リチャード・S・マッケンロー】 ▲
 『ソーラー・フェニックス(2005/8)
 
マッコーラム【マイクル・マッコーラム】 ▲
 『アンタレスの夜明け(2003/6)
 『アンタレス突破(2003/12)
 『時空監視官出動!(2004/5)
 
マッスン【デイヴィッド・I・マッスン】 ▲
 「旅人の憩い」
   収録『ここがヴィネトカなら、きみはジュディ(2011/5)
 
松本零士 ▲
 『帰らざる時の物語(1999/6)
 『銀河鉄道999(1999/5)
 『銀河鉄道999(2000/3)
 『宇宙海賊キャプテンハーロック(1999/6)
 『クイーンエメラルダス(1999/4)
 
真保裕一 ▲
 『ホワイトアウト(2001/3)
 
マルセク【デイヴィッド・マルセク】 ▲
 「ウェディング・アルバム」
   収録『スティーヴ・フィーヴァー(2013/6)
 
マルツバーグ【バリー・N・マルツバーグ】 ▲
 「五人の積み荷」
   収録『シャーロック・ホームズのSF大冒険(2007/2)
 
マロニー【ラッセル・マロニー】 ▲
 「頑固な論理」
   収録『第四次元の小説(1999/4)
 
 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■