書房案内

 
掲載作品リスト「か」
イラスト
 作品名順に並べました。
 航本日誌書的独話共通です。
 改題したものについては、分かる範囲で併記してあります。
 なお、書的独話でタイトルのみとりあげているもの(内容への言及がないもの)については掲載を見送っています。ただし、掲載した本の関連書としてふれている場合にはリストに入ってます。
 
『 』=書名、もしくは長編作品名
「 」=中編、短編等(書名併記)
《 》=シリーズ名(書名併記)
 



 

 
ガーゴイルの誓い』ピアズ・アンソニイ(2016/10)
カードミステリー 失われた魔法の島』ヨースタイン・ゴルデル(2015/11)
「カーニイ最後の事件」ロン・グーラート
  収録『ゴーストなんかこわくない(2017/9)
CARMILLA 吸血鬼カーミラ』J・S・レ=ファニュ(1999/5)
「ガーンズバック連続体」ウィリアム・ギブスン
  収録『クローム襲撃(2000/3)
「開運うちわ」田牧大和
  収録『鯖猫長屋ふしぎ草紙(2017/1)
凱歌』ジョン・クリストファー(2005/7)
凱歌』ジョン・クリストファー(2012/2)
  書的独話「深いぞ、トリポッド(2005/7)
「皆既食の時期」フレッド・セイバーヘーゲン
  収録『さようなら、ロビンソン・クルーソー(2005/10)
《海軍士官クリス・ロングナイフ》マイク・シェパード
 『新任少尉、出撃!(2010/10)
解錠師』スティーヴ・ハミルトン(2016/8)
海賊の子』カリン・ロワチー(2010/1)
海底二万里』ジュール・ヴェルヌ(2001/9)
海底牧場』アーサー・C・クラーク(2006/10)
「海底牧場」アーサー・C・クラーク
  収録『90億の神の御名(2012/6)
怪盗ニック登場』エドワード・D・ホック(2004/1)
怪盗ニックの事件簿』エドワード・D・ホック(2003/12)
怪盗ニックを盗め』エドワード・D・ホック(2004/5)
「懐瘋譚」小林恭二
  収録『日本国の逆襲(1999/7)
  収録『日本国の逆襲(2000/1)
  収録『日本国の逆襲(2004/9)
「怪物」A・E・ヴァン・ヴォークト
  収録『終点:大宇宙!(2013/7)
「怪物」ロバート・シェクリイ
  収録『人間の手がまだ触れない(2002/4)
「怪物と処女」ロジャー・ゼラズニイ
  収録『伝道の書に捧げる薔薇(2008/4)
「解放の呪文」アーシュラ・K・ル=グィン
  収録『風の十二方位(2004/8)
「解放の時」オースン・スコット・カード
  収録『無伴奏ソナタ(2009/5)
カウント・ゼロ』ウィリアム・ギブスン(2001/2)
カエアンの聖衣』バリントン・J・ベイリー(2001/11)
カエアンの聖衣』バリントン・J・ベイリー(2006/1)
帰ってきたミス・メルヴィル』イーヴリン・E・スミス(2013/11)
帰らざる時の物語』松本零士(1999/6)
「帰らぬク・メルのバラッド」コードウェイナー・スミス
  収録『シェイヨルという名の星(2002/9)
「かえりみれば」ウィルマー・H・シラス
  収録『時の娘(2010/3)
混沌ホテル』コニー・ウィリス(2014/7)
「混沌ホテル」コニー・ウィリス
  収録『混沌ホテル(2014/7)
「顔の美醜について −ドキュメンタリー」テッド・チャン
  収録『あなたの人生の物語(2004/1)
 

 
「鏡の中のシドン」コニー・ウィリス
  収録『わが愛しき娘たちよ(2005/8)
「輝くもの」アーサー・C・クラーク
  収録『太陽からの風(2006/6)
  収録『メデューサとの出会い(2015/6)
輝くもの天より墜ち』ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(2007/8)
  書的独話「2007年、ベスト(2008/1)
「柿の実を半分」畠中 恵
  収録『まんまこと(2015/8)
「限りなき夏」クリストファー・プリースト
  収録『20世紀SF・4(2001/10)
  収録『ここがヴィネトカなら、きみはジュディ(2011/5)
「かくて光あり」ジェイムズ・P・ホーガン
  収録『スペースマン(2006/1)
「革命前夜」アーシュラ・K・ル=グィン
  収録『風の十二方位(2004/8)
革命の倫敦』ラヴィ・ティドハー(2013/10)
「確立パイプライン」ルーディ・ラッカー& マーク・レイドロー
  収録『80年代SF傑作選(2002/5)
  収録『80年代SF傑作選(2008/8)
「かくれんぼ」アーサー・C・クラーク
  収録『前哨(2005/10)
  収録『太陽系最後の日(2009/6)
影が行く』ホラーSF傑作選(2006/1)
「影が行く」ジョン・W・キャンベル・ジュニア
  収録『影が行く(2006/1)
「かけがえのない人造物」フィリップ・K・ディック
  収録『まだ人間じゃない(2003/6)
「欠けた古茶碗」逢坂剛
  収録『恩はあだで返せ(2007/5)
影との戦い ゲド戦記I』アーシュラ・K・ル=グィン(2010/1)
影の王』スーザン・クーパー(2011/7)
影の王国』ロイス・マクマスター・ビジョルド(2016/9)
影のオンブリア』パトリシア・A・マキリップ(2011/1)
影の棲む城』ロイス・マクマスター・ビジョルド(2008/5)
「影のダークマター」チャールズ・シェフィールド
  収録『太陽レンズの彼方へ(2007/5)
影のミレディ』ラヴィ・ティドハー(2015/4)
「影よ、影よ、影の国」シオドア・スタージョン
  収録『不思議のひと触れ(2010/9)
陽炎ノ辻』佐伯泰英(2015/6)
「崖を登る」R・A・ラファティ
  収録『昔には帰れない(2013/12)
「過去へ来た男」ポール・アンダースン
  収録『冷たい方程式(2001/9)
 

 
火車』宮部みゆき(2014/4)
華氏451度』レイ・ブラッドベリ(2002/3)
華氏451度』レイ・ブラッドベリ(2013/8)
華胥の幽夢』小野不由美(2001/7)
「ガスタブルの惑星より」コードウェイナー・スミス
  収録『第81Q戦争(2002/10)
「数の勝利」ゲイリー・アラン・ルース
  収録『シャーロック・ホームズのSF大冒険(2007/2)
火星航路S0S』E・E・スミス(2006/5)
火星縦断』ジェフリー・A・ランディス(2006/7)
火星縦断』ジェフリー・A・ランディス(2013/1)
  書的独話「2006年、ベスト(2007/1)
  書的独話「宇宙くじという可能性(2007/2)
  書的独話「宇宙への切符(2009/4)
  書的独話「2014年、ベスト(2015/3)
火星人ゴーホーム』フレドリック・ブラウン(2000/1)
火星人ゴーホーム』フレドリック・ブラウン(2007/10)
火星人の方法』アイザック・アシモフ(2004/2)
「火星人の方法」アイザック・アシモフ
  収録『火星人の方法(2004/2)
「火星潜入」フィリップ・K・ディック
  収録『マイノリティ・リポート(2002/12)
火星転移』グレッグ・ベア(2011/5)
「火星の王たちの館にて」ジョン・ヴァーリイ
  収録『残像(2002/8)
火星の砂』アーサー・C・クラーク(2008/9)
火星のタイム・スリップ』フィリップ・K・ディック(2003/5)
「火星のナンシー・ゴードン」田中啓文
  収録『銀河帝国の弘法も筆の誤り(2001/4)
火星の虹』ロバート・L・フォワード(2003/5)
火星の人』アンディ・ウィアー(2014/11)
火星の人』アンディ・ウィアー(2017/10)
  書的独話「2014年、ベスト(2015/3)
火星夜想曲』イアン・マクドナルド(2001/3)
風の海 迷宮の岸』小野不由美(2001/4)
風の十二方位』アーシュラ・K・ル=グィン(2004/8)
風の竪琴弾き』パトリシア・A・マキリップ(2017/5)
  書的独話『180日の隔壁(2017/8)
風の谷のナウシカ』宮崎 駿(2002/6)
風の谷のナウシカ』宮崎 駿(2011/8)
風の万里 黎明の空』小野不由美(2001/4)
「仮想空間の対決」ジャック・ニマーシャイム
  収録『シャーロック・ホームズのSF大冒険(2007/2)
 

 
ガダラの豚』中島らも(1997/1)
ガダラの豚』中島らも(2007/8)
  書的独話「700冊記念(2006/3)
楽毅』宮城谷昌光(2014/5)
「河童の秘薬」畠中 恵
  収録『ひなこまち(2016/9)
「カデシュの戦い」クリスチャン・ジャック
  第三巻『太陽の王ラムセス(2013/9)
 

 
「蟹は試してみなきゃいけない」 バリントン・J・ベイリー
  収録『ゴッド・ガン(2016/12)
ガニメデの少年』ロバート・A・ハインライン(2013/12)
 

 
「過負荷」バリントン・J・ベイリー
  収録『シティ5からの脱出(2017/8)
カブキの日』小林恭二(1998/12)
花粉戦争』ジェフ・ヌーン(2011/3)
  書的独話「2011年、ベスト(2012/1)
 

 
神々自身』アイザック・アシモフ(2006/3)
「神々の糧」アーサー・C・クラーク
  収録『太陽からの風(2006/6)
  収録『メデューサとの出会い(2015/6)
「神々の塵」C・L・ムーア
  収録『大宇宙の魔女(2013/1)
神々の山嶺』夢枕 獏(2001/9)
神々の秘剣』ケヴィン・ハーン(2015/5)
神無き月十番目の夜』飯嶋和一(2001/7)
  書的独話「2001年ベスト(2005/5)
神の熱い眠り』オースン・スコット・カード(2010/5)
  書的独話「守られた世界(2010/5)
神の鉄槌』アーサー・C・クラーク(2004/11)
「神の御子は今宵しも(いざ集え、信者たちよ)」ロバート・J・ソウヤー
  収録『見上げてごらん。』
  書的独話「『見上げてごらん。』(2011/9)
カムイの剣』矢野 徹(2001/2)
カメレオンの呪文』ピアズ・アンソニイ(2013/2)
  書的独話「2013年、ベスト(2014/2)
カモメに飛ぶことを教えた猫』ルイス・セプルベダ(2013/4)
かもめのジョナサン〈完成版〉』リチャード・バック(2017/10)
 

 

 
「〈殻〉」スティーヴン・バクスター
  収録『真空ダイヤグラム(2003/5)
「からかみなり」畠中 恵
  収録『やなりいなり(2015/3)
「からさわぎ」 コニー・ウィリス
  収録『最後のウィネベーゴ(2013/6)
「ガラスの小鬼が砕けるように」ハーラン・エリスン
  収録『世界の中心で愛を叫んだけもの(2003/4)
ガラスの塔』ロバート・シルヴァーバーグ(2004/10)
『ガラスの箱を打ち砕け!』ジャック・ヴァンス
  旧題 『冒険の惑星3(2008/1)
  書的独話「『冒険の惑星』は全四巻か、四部作か(2008/1)
ガラパゴスの方舟』カート・ヴォネガット(2005/8)
  書的独話「ハンチントン病(2005/8)
  書的独話「世界のおわり(2005/9)
「狩り」スタニスワフ・レム
  収録『宇宙飛行士ピルクス物語(2009/2)
「ガリバルディ橋の釣り人」ジャンニ・ロダーリ
  収録『猫とともに去りぬ(2008/11)
「狩人の日」アイザック・アシモフ
  収録『木星買います(2004/11)
「狩人よ、故郷に帰れ」リチャード・マッケナ
  収録『黒い破壊者(2015/6)
《ガリレオ》東野圭吾
 『容疑者の献身(2013/1)
「軽い日射病」アーサー・C・クラーク
  収録『10の世界の物語(2015/10)
「カルーギン博士の逮捕に関連する事実について」ケイジ・ベイカー
  収録『黒き計画、白き騎士(2013/2)
「ガルチ渓谷の対決」ポール・アンダースン&ゴードン・R・ディクスン
  収録『地球人のお荷物(1997/11)
「カルちゃん、カルロ、カルちゃん あるいは 赤ん坊の悪い癖を矯正するには……」ジャンニ・ロダーリ
  収録『猫とともに去りぬ(2008/11)
「彼らの生涯の最愛の時」イアン・ワトスン&ロベルト・クアリア
  収録『ここがヴィネトカなら、きみはジュディ(2011/5)
「買われた宰相」宮城谷昌光
  収録『侠骨記(2013/8)
 

 
渇きの海』アーサー・C・クラーク(2005/6)
渇きの海』アーサー・C・クラーク(2009/12)
  書的独話「2005年、ベスト(2006/1)
川の書』イアン・ワトスン(2004/7)
 

 
「頑固な論理」ラッセル・マロニー
  収録『第四次元の小説(1999/4)
「カンザスの幽霊」ジョン・ヴァーリイ
  収録『残像(2002/8)
「干渉する者」フィリップ・K・ディック
  収録『まだ人間じゃない(2003/6)
「慣性」ルーディ・ラッカー
  収録『ラッカー奇想博覧会(2004/11)
「慣性モーメント」チャールズ・シェフィールド
  収録『マッカンドルー航宙記(2005/11)
「完全無欠な貴橄欖石」R・A・ラファティ
  収録『つぎの岩につづく(2005/6)
「カンタータ百四十番」フィリップ・K・ディック
  収録『シビュラの目(2003/10)
「間諜」 ブルース・スターリング
  収録『80年代SF傑作選(2002/5)  
  収録『80年代SF傑作選(2008/8)
艦長の子』カリン・ロワチー(2010/1)
「甘棠の人」宮城谷昌光
  収録『侠骨記(2013/8)
《カンパニー》ケイジ・ベイカー
 『黒き計画、白き騎士(2013/2)
がんばれチャーリー』アンダースン&ディクスン(2001/6)
完璧な涙』神林長平(2003/8)
寒雷ノ坂』佐伯泰英(2015/7)
「寒冷の女王」イアン・ワトスン
  収録『スロー・バード(2004/2)
 
 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■