書房案内

 
掲載作品リスト「な」
イラスト
 作品名順に並べました。
 航本日誌書的独話共通です。
 改題したものについては、分かる範囲で併記してあります。
 なお、書的独話でタイトルのみとりあげているもの(内容への言及がないもの)については掲載を見送っています。ただし、掲載した本の関連書としてふれている場合にはリストに入ってます。
 
『 』=書名、もしくは長編作品名
「 」=中編、短編等(書名併記)
《 》=シリーズ名(書名併記)
 



 

 
ナーダ王女の憂鬱』ピアズ・アンソニイ(2013/9)
内海の漁師』アーシュラ・K・ル=グィン(2002/5)
ナイチンゲールは夜に歌う』ジョン・クロウリー(2009/8)
  書的独話「ナイチンゲールは夜に歌う(2010/2)
「ナイチンゲールは夜に歌う」ジョン・クロウリー
  収録『ナイチンゲールは夜に歌う(2009/8)
  書的独話「ナイチンゲールは夜に歌う(2010/2)
ナイトサイド・シティ』ローレンス・ワット=エヴァンズ(2007/11)
ナイト・ムーヴズ』ウォルター・ジョン・ウィリアムズ(2010/9)
「悪夢団(ナイトメア・ギャング)」ディーン・R・クーンツ
  収録『影が行く(2006/1)
「ナイルに死す」 コニー・ウィリス
  収録『空襲警報(2014/8)
『ナインスゲート』アルトゥーロ・ペレス・レベルテ
  旧題『呪のデュマ倶楽部(2015/9)
 

 
長いお別れ』レイモンド・チャンドラー(2003/7)
長い長い殺人』宮部みゆき(2001/8)
長崎ぶらぶら節』なかにし礼(2015/6)
「長崎屋のたまご」畠中 恵
  収録『やなりいなり(2015/3)
流れよわが涙、と警官は言った』P・K・ディック(2001/1)
 

 
「情けを分かつ者たちの館」マイクル・ビショップ
  収録『20世紀SF・4(2001/10)
謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(2014/4)
「謎の略奪団」ポール・アンダースン
  収録『地球帝国秘密諜報員(2006/2)
 

 
「ナックルズ」カート・クラーク
  収録『街角の書店(2015/9)
夏燕ノ道』佐伯泰英(2015/8)
夏の災厄』篠田節子(2007/5)
夏の夜の夢・あらし』ウィリアム・シェイクスピア(2005/4)
「夏の夜の夢」ウィリアム・シェイクスピア
  収録『夏の夜の夢・あらし(2005/4)
夏への扉』ロバート・A・ハインライン(2000/2)
夏への扉』ロバート・A・ハインライン(2007/10)
夏への扉』ロバート・A・ハインライン(2009/1)
夏への扉』ロバート・A・ハインライン(2014/5)
  書的独話「猫のいる世界(2009/3)
  書的独話「SF ATB(2009/8)
  書的独話「何度も読みたくなる本(2011/10)
 

 
「七十二文字」テッド・チャン
  収録『あなたの人生の物語(2004/1)
「七たび戒めん、人を殺めるなかれと」ジョージ・R・R・マーティン
  収録『20世紀SF・4(2001/10)
「七番目の犠牲者」ロバート・シェクリイ
  収録『人間の手がまだ触れない(2002/4)
7番目の少年』中山星香(2001/12)
《ナノテク/量子論理》グレッグ・ベア
 『女王天使(2011/5)
 『凍月(2011/5)
 『火星転移(2011/5)
 『斜線都市(2011/5)
極微機械ボーア・メイカー』リンダ・ナガタ(2005/1)
 

 
「ナポレオン事件」ポール・アンダースン&ゴードン・R・ディクスン
  収録『くたばれスネイクス!(2001/3)
 

 
「名前の掟」アーシュラ・K・ル=グィン
  収録『風の十二方位(2004/8)
「名前のない土地」ハーラン・エリスン
  収録『世界の中心で愛を叫んだけもの(2003/4)
「鉛の兵隊」ジョーン・D・ヴィンジ
  収録『スペースマン(2006/1)
 

 

 
非Aの世界』A・E・ヴァン・ヴォークト(2005/11)
非Aの傀儡』A・E・ヴァン・ヴォークト(2005/11)
《ナルニア国物語》C・S・ルイス
 『ライオンと魔女(2010/2)
 

 

 
「ナンシー」コードウェイナー・スミス
  収録『第81Q戦争(2002/10)
「汝、コンピューターの夢」ジョン・ヴァーリイ
  収録『残像(2002/8)
汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一(2004/10)
「なんでも箱」ゼナ・ヘンダースン
  収録『20世紀SF・2(2001/8)
 
 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■