書的独話

 
2004年のひとりごと
03月28日 はじめに〜読書歴について
04月10日 本のえり好み
05月04日 本よみ中の思考(『悪魔のハンマー』篇)
05月23日 逢坂剛《御茶ノ水署》シリーズ
07月01日 読了本のなかった6月をふりかえり…
08月10日 再登場・本棚写真館
08月20日 第四次大改造について
08月29日 『インテグラル・ツリー』と『天の筏』
08月30日 再読・指輪物語
09月19日 感想を書くということ
09月20日 ちょっぴり古い新聞の切り抜き
10月03日 幼少時の読書
10月12日 中島敦「名人伝」あるいは「不射の射」
10月13日 今週のPickUp! Vippies
11月02日 超能力と異世界と
11月07日 初心者にすすめるSFって…
11月11日 『タイタンの妖女』〜『分解された男』
11月15日 ハヤカワ文庫SF・リスト
12月31日 総括、2004年
 



 
 

 
▲もくじへ
2004年05月23日
逢坂 剛《御茶ノ水署》シリーズ
 
 逢坂剛の『配達される女』読みました。
《御茶ノ水署》シリーズの第二弾。
 参考までに、
 第一弾は『しのびよる月』。
 第三弾は『恩はあだで返せ』。

 御茶ノ水署・生活安全課保安二係の刑事、斉木斉と梢田威は幼なじみ。それも単なる仲良しではなく、いじめられっ子といじめっ子という関係だ。それが今では、警部補とただの刑事。
 斉木は、かつてのうらみをはらそうと画策する。
 梢田は、こき使う斉木をやりこめようと画策する。
 この二人がユーモアたっぷり、ときには息もぴったり、反目し合いながらも協力して怪事件に挑む。

 第二弾の『配達される女』では、腕利きの女性刑事が新登場。このお方がなかなかのくせ者で、面白さパワーアップ。またもや笑わせてもらいました。

 で、解説は読み飛ばすことが多いのですが、いきおいで読んでしまいました。そうしたら、斉木&梢田コンビの原型が『情状鑑定人』に載っているというではありませんか。

 うーん、持ってるけど、そんなのあったかなぁ〜。

 というわけで、『情状鑑定人』を再読しました。
 まずは、あまりの暗さにびっくり。まったく同じ設定でこうも違うのか。そして、まったく記憶してない自分のアタマにもびっくり。
 当「あまね書房」に記録がないことからすると、読了時期は2000年の後半かと思われます。わずか4年前のことだというのに……。

 ミステリを読むには便利な記憶力かも。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■