書的独話

 
2004年のひとりごと
03月28日 はじめに〜読書歴について
04月10日 本のえり好み
05月04日 本よみ中の思考(『悪魔のハンマー』篇)
05月23日 逢坂剛《御茶ノ水署》シリーズ
07月01日 読了本のなかった6月をふりかえり…
08月10日 再登場・本棚写真館
08月20日 第四次大改造について
08月29日 『インテグラル・ツリー』と『天の筏』
08月30日 再読・指輪物語
09月19日 感想を書くということ
09月20日 ちょっぴり古い新聞の切り抜き
10月03日 幼少時の読書
10月12日 中島敦「名人伝」あるいは「不射の射」
10月13日 今週のPickUp! Vippies
11月02日 超能力と異世界と
11月07日 初心者にすすめるSFって…
11月11日 『タイタンの妖女』〜『分解された男』
11月15日 ハヤカワ文庫SF・リスト
12月31日 総括、2004年
 



 
 

 
▲もくじへ
2004年08月20日
第四次大改造について
 
 ながらくお待たせしました。2ヶ月かかってようやく改造終了。
 書籍とはあんまり関係ないのですが、この場を借りてご報告させていただきます。

 まず、今回大改造をするにいたった動機。

 2003年11月に、MacOS X"Panther"を導入しました。2001年3月に始まったMacOS X時代にあって、しつこくMacOS 9を使い続けていたのですが、ついに……。
 大きく変わったのは、表示される文字がアンチエイリアス表示されるということ。読みやすいのですけど、それまでの「あまね書房」は濃赤茶のバックに白抜き文字。アンチエイリアスの設定によっては、小さい文字がつぶれてしまいます。

 で、色設定を変えることにしました。方々の個人サイトにお邪魔して、どんな組み合わせが読みやすいか、再研究。その過程で、構造そのものも変えた方がすっきりするな〜と考えだしたのが、運のツキ。なにしろそれまでの「あまね書房」は、コーナーにまたがったコーナーがあって、自分でも時々、迷子になることがあるくらいでしたから……。

 基礎背景は白。

 これは、すぐに決まりました。
 文字は黒。これも早々と確定。
 ただ、サブカラーをどうするかが決まらない……。白は難しいですね。何色使ってもいいんですから。けっきょく、サブカラーは使わず、モノクロを前面に出すことになりました。

 大きく改造したところ。

 あくまで補足的なコーナーだった「リスト」を、読書記録を見る前にまず最初におこしいただくところとして設定しました。
 それまでのリストは名前通りで、目的もなくぶらぶらするのが退屈なところでした。今回、ページごとにコメントをつけることでいくらか解消できたのではないかと思います。どの程度お役にたてるか分かりませんが、好みや、考えていることをお伝えするため、充実させていきます。

 入口ページを設けたのも「あまね書房」では初の試みでした。1998年に誕生して以来、ずーっと、トップ・ページは説明的なところだったのです。ページ容量と、情報量とのせめぎ合いでした。
 情報の振り分けは、他のページでも大規模に行ってます。

 実は……

 最終チェックも済ませて万全を期して公開したハズなのですが、ちょこちょことミスが発見され続けてます。誤字だったり、画像のズレだったり、余白の取り方だったり。
 ミスではないものの、改善したところもあります。
 その都度こっそり改めました。今後も、こっそり改め続けるのでしょうね、きっと。

 永遠の工事中かぁ〜


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■