書的独話

 
2004年のひとりごと
03月28日 はじめに〜読書歴について
04月10日 本のえり好み
05月04日 本よみ中の思考(『悪魔のハンマー』篇)
05月23日 逢坂剛《御茶ノ水署》シリーズ
07月01日 読了本のなかった6月をふりかえり…
08月10日 再登場・本棚写真館
08月20日 第四次大改造について
08月29日 『インテグラル・ツリー』と『天の筏』
08月30日 再読・指輪物語
09月19日 感想を書くということ
09月20日 ちょっぴり古い新聞の切り抜き
10月03日 幼少時の読書
10月12日 中島敦「名人伝」あるいは「不射の射」
10月13日 今週のPickUp! Vippies
11月02日 超能力と異世界と
11月07日 初心者にすすめるSFって…
11月11日 『タイタンの妖女』〜『分解された男』
11月15日 ハヤカワ文庫SF・リスト
12月31日 総括、2004年
 



 
 

 
▲もくじへ
2004年08月29日
『インテグラル・ツリー』と『天の筏』
 
 7月に、活字の海に溺れてしまった関係で、読了本の登録作業が押せ押せ状態。ほぼ一か月遅れの更新、となりました。
 読了直後に紹介文を書き始めても読み返すようなのですが、空白一ヶ月、となると問題外。もう一度かる〜く読みながら、あらすじ書いてました。
 そんなことをした翌日、道を歩いていて、突然気がついたのが

インテグラル・ツリー』(ラリイ・ニーヴン)と『天の筏』(スティーヴン・バクスター)は似ている!!!

 読んでいる最中はそんなこと思いつきもしなかったんですけど、ケーキ屋の前で、取り憑かれてしまいました。

 ときどき、時間を経て、読了時とはまったく別の思いにたどりつくことがあります。別々の存在としてとらえていたものが、あるいはまったく考慮もしていなかったものが、あるとき突然、一直線につながってしまう……。

 帰宅後、より新しい『天の筏』の解説(大野万紀)を見てみました。ありましたよ『インテグラル・ツリー』が。バクスター独自の重力定数は別として、設定がよく似ているって。

  大気のある宇宙空間
  様々なエキゾチックな動植物
  技術文明を失った人類の末裔たちの冒険

 だそうです。

  ニーヴンは明るく、バクスターは暗い。

 ごもっとも。

 可能性として、設定はおもしろいけど『インテグラル・ツリー』は好きになれないなぁという場合、『天の筏』なら堪能できる、ということがありえるのでは? あるいは、その逆パターンも。
 いや、どっちもおもしろいんですよ、個人的には。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■