書的独話

 
2005年のひとりごと
01月01日 展望、2005年
01月04日 まるで映画を観るように
02月05日 レムの異質生命体との遭遇(仮)三部作
02月22日 さらば、Cube
03月27日 パーセク
05月01日 1997年ベスト
05月02日 1998年ベスト
05月03日 1999年ベスト
05月04日 2000年ベスト
05月05日 2001年ベスト
05月06日 2002年ベスト
05月07日 2003年ベスト
05月08日 2004年ベスト
06月05日 冒険者たち
07月21日 深いぞ、トリポッド
08月17日 ハンチントン病
09月07日 記録による不死世界
09月21日 世界のおわり
10月13日 鼻づまりに効く本
11月03日 宙色堂、オープン
12月11日 宙色堂、1ヶ月
12月31日 総括、2005年
 



 
 

 
▲もくじへ
2005年02月22日
さらば、Cube
 
 PowerMac G4/Cubeと、ついに別れることになりました。お世話になりはじめたのは、2001年4月のこと。直接Apple社に発注した、カスタムモデルでした。
 思えば、この4年近く、いろいろなことが……。

 電源アダプタが大きくって、その扱いに悩まされました。
 帰宅すると、勝手に起動してました。
 ある朝、突然の起動音で目覚めました。
 上部にちょっと手を伸ばしたら電源スイッチが反応して、切れてしまいました。
 OSがCD-ROMを見失って、取り出すのに苦労しました。
 ロジック・ボードがやられて(「読了本のなかった6月をふりかえり…」の項、参照)交換するハメに陥りました。
 アップル・マークが落っこちて、あわてて貼りつけ……たのはStudio Displayだったかな。

 他にも、冷却ファンがなくて静かな反面ハードディスクはうるさかったり、端子が底面にあるために、なにかをつなぐたびにひっくり返したり……すべてが懐かしく思い出されます。
 悪い面もすべて相殺できるほど、その美しさとスタイルは、他の追随を許さない程にずばぬけて素晴らしいものがありました。
 今後Apple社は、Cubeに匹敵する名機(迷機?)を発表することはあるんでしょうか。2007年は、Apple社創業30周年目。30周年記念モデルを楽しみに待つとしますか。

 今はただ、さらば、Cube。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■