書的独話

 
2007年のひとりごと
01月01日 展望、2007年
01月02日 2006年、ベスト
01月07日 時間と、思想と、敵は海賊
01月21日 風見しんごと『大誘拐』
02月10日 宇宙くじという可能性
04月15日 本好きへの100の質問
05月06日 SFサイトへ100の質問
05月20日 Macサイト管理人への100の質問
07月29日 作者名順リスト
07月30日 訳者名順リスト
07月31日 書名順リスト
11月21日 女ばかりの世界
12月30日 こんにちは、iMac
12月31日 総括、2007年
 



 
 

 
▲もくじへ
2007年02月10日
宇宙くじという可能性
 
 ジョン・J・ナンス『軌道離脱』は、しがないサラリーマンが、宇宙旅行会社のキャンペーン(宝くじ)に当選することで、宇宙への切符を気に入れた物語。

 地球低軌道への“旅行”をウリにしている民間会社の宇宙船でトラブル発生。通信回路が破壊され、トーシローの乗客がひとり立往生。絶望的な状況に観念して、備品のラップトップに赤裸々な回想録をつけはじめたところ、スパイウェアが仕込まれていたためにネットに流出。全世界が読者となるが……。

 作者のナンス、ふだんは、航空関係の冒険小説を書いているんだそうです。宇宙船がとりあげられてSFっぽい内容かと思いきや、まったくSFになってないのも、それで納得。NASAの長官が、組織の利益そっちのけ、自分の欲望だけで行動する悪者になっているのも、そういうことからか?
 この物語を読んだとき最初に思い浮かんだのが、そのNASAで働いている人物の作品。やはり宇宙へ行くためのくじが登場するんです。

ジェフリー・A・ランディス
火星縦断
 火星に到着した第三次探検隊だったが、二日目にしてトラブルに見舞われてしまった。地球に帰還するには、やはりトラブルに襲われた第一次探検隊の帰還船を使うしかない。一行は、北極へと旅立つが……。

 ランディスはNASAの現役研究者。リアルな火星がせまってきます。SFはこうでなくっちゃ。さらに、資金難から売り出された火星くじの当選者も登場。
 帰還できるかどうかのサスペンス。隊員たちそれぞれの秘密。当選者の抱える内緒ごとも、話を盛り上げます。全体的には淡白ですけどね。

 さて、今回のタイトル。

 宇宙くじが発売されたら、買うか否か?

 地球じゃないところ、すごく行ってみたいです。でも、ただのツアーにすぎない『軌道離脱』でさえも、それなりに訓練を積んでました。隊の一員としての役割もある程度要求される『火星縦断』はもっと。空気がないんですから。死がすぐとなりにあるんですから、当然ですよね。
 たとえ訓練施設がすぐ近くにあったとしても、訓練に参加するためには、仕事を続けて行くのは難しそうです。休職が認められればいいものの、辞職せざるを得ないことも?
 辞退者が出た『火星縦断』は、その点でもリアルでした。現実を考えると、それでも宇宙に行ってみたいか、考えてしまいます。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■