書的独話

 
2007年のひとりごと
01月01日 展望、2007年
01月02日 2006年、ベスト
01月07日 時間と、思想と、敵は海賊
01月21日 風見しんごと『大誘拐』
02月10日 宇宙くじという可能性
04月15日 本好きへの100の質問
05月06日 SFサイトへ100の質問
05月20日 Macサイト管理人への100の質問
07月29日 作者名順リスト
07月30日 訳者名順リスト
07月31日 書名順リスト
11月21日 女ばかりの世界
12月30日 こんにちは、iMac
12月31日 総括、2007年
 



 
 

 
▲もくじへ
2007年07月31日
書名順リスト
 
 2004年8月。
 あまね書房は第四次大改造を終えて、現在とほぼ同じ構成に落ち着きました。そのとき、ひとまずの完成を見せたのが、今回とりあげる「書名順リスト」です。
 現在書名ごとに提供していたリストは、短編タイトルも含む作品名リストへと引き継がれてます。
 当時「書名順リスト」では、そのページに登場する本への何らかの思い入れを紹介していました。以降、3年間で書き直したことはありますが、読んでくれる人の本探しのとっかかりになれば、と掲載は続けてきました。
 この度、リストのリニューアルに伴って、こうした紹介文はなくなってしまいました。ちょっともったいないので、この場に転載させていただきます。
 
 
書名順リスト/ア〜オ

悪魔を飼っていた男』クリストファー・ムーア
 は、もう一度読みたい本のうちの一冊。
 ひょんなことから悪魔を呼び出してしまった神学生は、以来、悪魔“キャッチ”を飼うはめに陥る。このキャッチ、『エクソシスト』が大好きで……というユーモア系のホラー小説。
 記憶は美化されているのか、本当に傑作だったのか、たしかめるのがこわい……。
 
 
書名順リスト/カ〜コ

神無き月十番目の夜』飯嶋和一
 は、濃厚な歴史ミステリ。
 半農半士が集い、優遇されてきただけにプライドの高かった里、小生瀬。関ヶ原の合戦ののち、時代は転換期を迎え、小生瀬もただの村となることが要求される。村人たちはそれに反発するが……。
 飯嶋和一は、超寡作作家。この作品に限らず、氏の本を読めば寡作なことが納得できる内容。打ちのめされました。
 
 
書名順リスト/サ〜ソ

 2004年のベストセラー『世界の中心で、愛を叫ぶ』片山恭一、に「えっ?」と思ったのは、当然、

世界の中心で愛を叫んだけもの』ハーラン・エリスン
 を読んでいたから。
 エリスンのは短編集で、正直に告白すれば、世間に評価されてる「世界の中心で愛を叫んだけもの」より、その他の短編のほうが楽しめました。それが価値観の相違ってやつか。
 
 
書名順リスト/タ〜ト

超老伝−カポエラをする人−』中島らも
 は、登場人物の視点から書いた、珍しい小説。
 一人称で、その人物の目線から…というものならよくありますけど、これはちがう。思考回路をそのまま書き起こしているのです。
 人間って、頭の中じゃ改行したりしない。
 というわけで、結果として余白の少ない仕上がり。うねる思考にひたれました。
 
 
書名順リスト/ナ〜ノ

20億の針』ハル・クレメント
 は、復刊フェアで手に入れた一冊。
 半液体生物である宇宙人を体内に住まわすことになった少年は、宇宙人の追っている犯罪者をさがす手助けをする。犯人逮捕の確率は20億分の一。ホシも誰かに寄生していると思われるが……。
 読了後、一緒に復刊された続編『一千億の針』を買いに走りました。
 
 
書名順リスト/ハ〜ホ

封神演義』安能 務
 は、蔵書の中で唯一、何度も何度も印税を払っているタイトル。ここ数年は読む機会がめっきり減りましたが、刊行以来、ボロボロになる都度買い直してきました。
 古代中国の殷周革命に、仙人やら道士やらをからめた一大娯楽作品。中華ものは、演歌でいう“こぶし”のような、独特な言い回しが魅力です。これがダメって人もいますけど。
 
 
書名順リスト/マ〜モ

窓ぎわのトットちゃん』黒柳徹子
 は、1980年初頭の大ベストセラー。
 第二次世界大戦前、小学一年生ながら学校を退学になったトットちゃん。入学し直したトモエ学園は、ちょっぴり変わった学校だった。
 黄ばんでたり、シミがあったり、ところどころ色あせてるんですけど、これだけ長い間持っているともう買い直せません。
 何度読んでも、涙、涙。
 
 
書名順リスト/ヤ〜ヨ

ユービック』フィリップ・K・ディック
 は、ディックの傑作の一つ。
 超能力者と、超能力を中和する不活性者と、死者たちの競演。敵の罠、退行する時間、謎のガジェット。現実とはいったいなんなのか?
 ディックにしてはマトモなので評価しない人もいるらしいですが、たまらなくおもしろい不可思議さは健在。
 うなりました。
 
 
書名順リスト/ラ〜ワ

ラモックス』ロバート・A・ハインライン
 は、ショッピング・センターの駐車券をもらうために購入した予定外の一冊。
 宇宙怪獣・ラモックスをペットにしているジョン・トマスだったが、このごろはどんどん巨大化するラモックスを持て余し気味。ある日デートから帰ると、勝手にでかけたラモックスに、街中が大パニックに陥っていた!
 楽しさも予定外。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■