書的独話

 
2007年のひとりごと
01月01日 展望、2007年
01月02日 2006年、ベスト
01月07日 時間と、思想と、敵は海賊
01月21日 風見しんごと『大誘拐』
02月10日 宇宙くじという可能性
04月15日 本好きへの100の質問
05月06日 SFサイトへ100の質問
05月20日 Macサイト管理人への100の質問
07月29日 作者名順リスト
07月30日 訳者名順リスト
07月31日 書名順リスト
11月21日 女ばかりの世界
12月30日 こんにちは、iMac
12月31日 総括、2007年
 



 
 

 
▲もくじへ
2007年12月30日
こんにちは、iMac
 
 というわけで、パソコン買い替えました。
 きっかけは、7月にやってきた子猫ちゃん。
 まず液晶モニタを落とされました。15インチ。当時はノートにつないでデュアルモニタ環境にして使っていたのですが、やむなく断念。液晶モニタは処分して、ノートの12インチのちっこい画面だけで我慢することに……。
 まぁ、おかげさまでデスク上はきれいさっぱり。

 ところが、ちょっとした油断でノートもこれまた落とされて……。キーボード部分があったかいものですから、寝そべったり、寄りかかったりしたいみたいなんです。愛用のノートは、床に激突した衝撃で角がひしゃげてしまいました。
 幸い、どちらの事故でも猫に怪我はありませんでした。でも、そうなってしまうのも時間の問題??? と少し心配になって、思い切って買い替えました。

 選んだのが一体型のiMac
 マウスとキーボードはワイヤレス。のびているケーブルは電源だけ。デスクも、落ちない構造のものに入れ替えました。
 それにしても、すごいです、iMac。
 以前使っていた15インチの液晶モニタとほとんど同じ厚み。それがすべて。余計な出っ張りも不要なモジュールもなく、電源ソケットも実にスマート。スタイリッシュ。
 難を言えば……20インチの液晶モニタがガラス張りになっているため、光を反射しやすいこと。新品ということもあって、ツルツルぴっかぴかです。

 さて、パソコン変えたので、OSも新しくなりました。これまで使っていたのは、4年前にリリースされたPantherこと、MacOS X v10.3。それが一気に最新のLeopartこと、MacOS X v10.5になりました!
 4年の間の進歩って、すごいですねえ。驚異の新機能は言うに及ばず……

 ワイヤレス装置がスリープ明けからすぐに使えるのにびっくり。
 それまでもマウスとキーボードはワイヤレスでしたけど、スリープ後の再接続にはタイムラグがありました。その無駄な時間がなくなったばかりか、ワイヤレス機器からスリープ解除することもできるようになってました。

 アプリケーションのパッケージがちっこくなっていたのもびっくり。
 紙で提供されているマニュアル類は、CDケースの大きさ。パッケージもそれが入るくらい。紙のマニュアルが簡略化されているためですが……。

 そして最大のびっくりは!
 DreamweaverがAdobe製品になっていたこと。OSに合わせたアプリを買いに行ったら、Adobeコーナーにありました。Webオーサリングツールとして、Adobe GoLiveの最大のライバルだったはずなんですが……。
 開発元のMacromedia、Adobeに買収されてたんですね。2年も前に。今頃知ってしまいました。

 Adobeは8年前、GoLive社を買収して自社開発のPageMillを見限ってます。当時PageMill、現GoLiveユーザーとしては少々心配です。今のところ、ダウンロード版のみとはいえGoLiveの開発も継続されているようですが、今後、どうなることやら。

 今はただ、新しいパソコンに早く慣れようと、いろいろ遊んでいるところです。でも、もうちょっと、世の中の動きにも注意を払わないと、ね。
 
 
※iMacをご存知でない方は、Apple社(http://www.apple.com/jp/)の公式サイトでご確認ください。左上の写真は、本棚の上に置いたパッケージの箱です。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■