書的独話

 
2009年のひとりごと
01月01日 展望、2009年
01月02日 2008年、ベスト
01月10日 復讐するは我にあり
02月01日 この猫を見よ
03月25日 猫のいる世界
04月07日 宇宙への切符
05月10日 旅の寄り道
05月14日 クローンたち
08月16日 SF ATB
10月11日 すべてはタイミング
12月31日 総括、2009年
 



 
 

 
▲もくじへ
2009年02月01日
この猫を見よ
 

No.1
はじめて撮ったアップ画像が元になってます。アップが撮れるのは飼い主(とプロ)だけだ〜と気がついて撮ってみました。
実は、画像をこしらえた後にサイズの変更がありまして……。やむなく、背景と筆を後から追加しました。
生後6ヶ月
 
 
 

No.2
窓辺で撮りました。避妊手術をした3週間くらい後で、このころはまだ、剃られたお腹の毛が生えきってませんでした。
生後7ヶ月
 
 
 

No.3
お気に入りの一枚。この後に出てくるNo.5の直後に撮影しました。見比べてみるとおもしろいかも。実は、2009年の最初の画像(↓)も、同じ写真を使ってます。角度と、加工法は変えてありますけれど。


生後9ヶ月
 
 
 
No.4
携帯電話を買い替えて、携帯カメラの性能も上がりました。そんなときに撮った内の一枚。ダンボールに入って黄昏れてます。が、それはカメラ側の都合で、実際は明るい真っ昼間でした。
加工がうまくいかなくて、1週間しか載せてませんでした。
生後11ヶ月
 
 
 

No.5
前の画像が嫌で、急遽こしらえたのが、こちら。この横向きの顔を覗きこんだのが、No.3の顔つき。覗きこまれて、ちょっと「なによ〜!」と思ったのかも……。
生後9ヶ月
 
 
 

No.6
籠のベッドの中で眠っているところ。今までと違った加工をしてみようと思って、輪郭を強調してみました。

1歳
 
 
 

No.7
これが一番のお気に入り。元写真はとても暗いんです。(↓で紹介しているのよりずっと暗いです)この加工をするまでは、フォトレタッチ・ソフト(Photoshop)の自動レベル補正を利用していたのですけど、この写真の場合、自動でやると逆に色味がおかしくなってしまって……。
 そこで、ついに自分で色調補正をやってみました。どうせやるなら、とかなり思い切った補正をかけてます。と同時に、補正の度合いのちがうバージョンを3つ程用意しまして、合成してあります。
1歳
 
 
 

No.8
これまた前回と同じく、かなり思い切った色調補正してます。そして、実際は床を見ているのですけど、黒目の部分を動かしてあります。

1歳3ヶ月
 
 
 
No.9
籠、ふたたび。とにかく肉球がかわいらしくて、そこだけ別処理して合成してあります。もちろん、背景も。素材集の月の地表と地球の写真をはめてあります。
1歳6ヶ月
 
 
 

No.10
これは、写真のままの方がいいね、とよく言われます。確かに。
状況としては、網戸越しに小鳥を見ているところ。明るい表を見ているにしては瞳孔が太めなのは、やや興奮状態にあるから。もし小鳥がいなかったら、糸みたいに細い瞳孔で、ヒゲもこんなになってなかったかも……。
1歳4ヶ月
 
 
 

No.11
2008年最後の画像。なのですが、実は暑中見舞いで使ったもの。肉球の向こうの寝顔がかわいくて、もっと多くの人に見てもらいたいな、と流用してしまいました。元々、ハガキに印刷することを前提にこしらえたため、キャンパスに描いた感を意識してあります。
1歳
 
 
 
以上。
来年もまた、特集組んでやるつもりです。どうぞお楽しみに♪

 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■