書的独話

 
2010年のひとりごと
01月01日 展望、2010年
01月04日 2009年、ベスト
01月24日 指輪物語・追補編
02月16日 ナイチンゲールは夜に歌う
02月22日 猫語の教科書
03月01日 猫まわりの世界
03月15日 とりあえず、1000
05月06日 守られた世界
11月08日 はじめての「め」
12月05日 ご先祖さまの記憶
12月31日 総括、2010年 
 



 
 

 
▲もくじへ
2010年01月01日
展望、2010年
 
 2008年の書的独話(12月31日「総括、2008年」)で、

 たまには児童書もいいもんですね〜

 なんてことを書いていたのですが、今年はいよいよ、その児童書をいろいろと読んでみようかな、と。

 とりわけ読んでみたいのが、《ネシャン・サーガ》三部作(『ヨナタンと伝説の杖』『第七代裁き司の謎』『裁き司 最後の戦い』)がおもしろかった、ラルフ・イーザウ。ミヒャエル・エンデの代表作『はてしない物語』の続編なども書いてます。そのつながりで、意外と(?)読んでないエンデにも手を伸ばしてみたいです。

 今ごろエンデ?
 幼いころに読まなかったの?

 と、思われてしまいそう。
 一応『モモ』は読んでいるのですが……。

 ただ児童書って、文庫になることがほとんどないので、懐には優しくないし、置き場所にも困ってしまうし、で、ちょびちょびと読むことになりそうです。

 そして、もうひとつ。
 毎年恒例になってしまっているのですが……

 あまね書房の更新、がんばる、と。どんな具合にがんばるのか、それなりに考えてはいます。忘れないように書いておくと、

 航本日誌では、ハヤカワ文庫SFリストで内容紹介文をつけているタイトルを増やすこと。他所様のサイトと、ささやかながらも差別化を図りたい、と。

 書的独話では、一覧を充実させること。文中にとりあげたタイトルを併記したり、簡単な内容紹介をくっつけたり、できればいいな〜、と。

 宇宙事業では、とにかく再編。リンク先を次々と削除した結果、あたりまえですが、かなりお寒い状態になってまして……。
 このコーナー、なくてもいいんじゃね?
 と、言われないようにしないと。

 今年こそ、思惑通りの年にしたいものです。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■