書的独話

 
2010年のひとりごと
01月01日 展望、2010年
01月04日 2009年、ベスト
01月24日 指輪物語・追補編
02月16日 ナイチンゲールは夜に歌う
02月22日 猫語の教科書
03月01日 猫まわりの世界
03月15日 とりあえず、1000
05月06日 守られた世界
11月08日 はじめての「め」
12月05日 ご先祖さまの記憶
12月31日 総括、2010年 
 



 
 

 
▲もくじへ
2010年12月05日
ご先祖さまの記憶
 
 かつて、右脳=先祖脳との主張がありました。
 左脳(自分脳)と違って右脳(先祖脳)には、人類が脈々と受け継いできた知識が、遺伝子情報として蓄えられている……。まぁ、けっきょくのところ〈ガセネタ〉として下火になりましたが。
 こうして、先祖脳のことを思い出させたのは……

ポール・ギャリコ
トマシーナ
 獣医の仕事に愛着を持てないマクデューイ氏は、動物に、愛情も、感傷も、関心も抱くことができずにいた。愛娘メアリ・ルーのかわいがっている猫トマシーナが病気になったときも、メアリ・ルーの懇願を退け、簡単に安楽死を決めてしまう。ショックを受けたメアリ・ルーは病気になってしまうが……。

 さて、ここから先、ネタバレしている可能性があります。少し空白を入れておきますので、ネタバレを許容できない場合には、どうぞ引き返してください。

 トマシーナの葬儀が営まれた後、ブバスティスの猫の女神バスト・ラーが登場します。自分のことを〈わらわ〉と呼ぶ女神さまは、かつての暮らしぶりを語ります。今は転生して、ただひとりの巫女に仕えられる身になっているけれども……。
 物語は進んで、終盤近くになって気がついたのです。

 バスト・ラーという存在は、転生というより、猫が脳内に所有しているご先祖さまの記憶なのではないかな、と。本来の自我がひっこんだために、表面化したのではないかなって。
 猫って、砂漠出身だそうです。ひょっとしたらどの猫も(うちの猫も!)、バスト・ラーの子孫なのかもしれませんね。

 そして、この話はここで終わりではないんです。ご先祖さまの記憶で、そういえば、と思い出したのが……
(やっぱりネタバレしてますので、ご了承ください〜)

ピエール・ブール
猿の惑星
 メルーはペテルギウスへの旅に出発し、第二惑星で人間と遭遇した。人間たちは文明も言葉も持っておらず、惑星を支配しているのは猿たちだった。
 メルーは囚われの身となり、なんとかして、猿たちと意思の疎通を図ろうとするが……。

 メルーの試みは成功し、彼は知能がある者として扱われます。色眼鏡で見る猿もいましたが、友もできました。そして、ある実験に立ち会います。
 被験者は、動物のように暮らしている知能のない人間たち。なんと、ある刺激を与えたところ、先祖が見聞きしたことを語ったのです。

 映画の「猿の惑星」では、自由の女神を登場させることで、惑星の正体が明らかにされました。原作では、先祖の記憶を語らせることで、惑星がたどった歴史が明らかになるのです。

 右脳=先祖脳は否定されているようですが、どこかにご先祖さまの記憶が眠っているとしたら、いったいどんなことを語るのでしょうね。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■