書的独話

 
2011年のひとりごと
01月01日 展望、2011年
01月09日 2010年、ベスト
01月15日 Dreamweaverの襲来
02月04日 今ひとたびの…
02月06日 ある相撲人の生き方
02月19日 過去との遭遇
02月26日 伝承の行方
04月28日 満中陰
05月28日 いやー!な人
09月16日 『見上げてごらん。』
10月09日 何度も読みたくなる本
11月14日 不具合本顛末記その2
12月31日 総括、2011年
 



 
 

 
▲もくじへ
2011年01月15日
Dreamweaberの襲来
 
 突然ですが、HTMLエディタを乗り換えることになりました。
 Adobe社のGoLiveから、
 Adobe社のDreamweaverに。

 思い起こせば、1998年。
 この「あまね書房」がスタートしたとき、HTMLのタグは手書きでした。ちまちま、自分で書いてました。
 ブラックな背景に白文字の、ほんとにシンプルなつくりで、それほど大変なことはしていなかったのですが、それでも大変でしたっけ。

 その後、ほんのちょっぴりコンテンツが増えたところで導入したのが、Adobe社のPageMill。
 タグを書いていると、内容よりむしろタグを書くことが目的のようになってきて「これはいかん」と思ったんだか、ただ楽をしたかったんだか……。
 それよりちょっぴり遡ること1996年

こばやし ゆたか
『情熱のAdobe PageMill for Macintosh』
(SOFTBANK BOOKS)

 という本が出てまして、参考書として購入。PageMillを使ってペンギンに関するサイトを作りましょう、という、一見するとPageMillの入門書なのですが、他社のソフトの話やら、画像の加工の仕方、小ネタもたくさん載っていて、なかなかいい本でした。
 時代は、ダイヤルアップの従量制。1ページ50KB以内で作りましょうね、というのもこの本から学びました。確か。このとき身についたコンパクトにこしらえる習慣は、今でも抜けきれません。

 安泰かに思えたPageMillでの製作ですが、肝心のPageMillが2000年8月に販売を終了してしまいます。
 実は前兆がありまして……。
 1999年にAdobeは、GoLive社を買収して、よりプロユースなGoLiveを手中に収めていたのです。PageMillは、シロウトには使い勝手がよかったのですけど、プロにはだめだったみたいで……。
 いろいろ検討した結果PageMillを選んだのに、ほんの数年でソフトの再選択を迫られてしまいました。

 GoLiveにアップグレードするか、はたまた、華々しく話題を振りまいていたマクロメディア社のDreamweaverに乗り換えるか。
 アップグレードならソフト代は安く抑えられますが、マクロメディアも顧客を取り込もうと、買い替えキャンペーンを展開。アップグレード料金で新規に買えたんですよね、あのころには。
 結局、EXPOで両者のデモを拝見して、GoLiveに決めました。Dreamweaverには華がありましたけど、どうもGoLiveの方が堅実に思えたものでした。当時は。

 以来、GoLiveを使い続けてきたのですが、なんとなんとAdobeは2005年、マクロメディアを買収してしまいます。案の定、GoLiveは見捨てられてしまいました。

 ま、またかAdobe……

 GoLiveは、2007年にダウンロード販売のみでリリースされたVer.9で打ち止め。とはいえ、試用版を使ってみたところ、どうもしっくりこなくって、今の今まで、2003年にリリースされたGoLive CS(Ver.7)を使い続けてました。

 この7年間、同じGoLiveを使い続けてきたおかげで、それなりに精通できました。一方、PC本体やOSは何度か更新されて、その都度、この古いGoLiveが動くかどうか、ヒヤヒヤし通しでした。
 現在は、鍵括弧をキーボードで直打ち入力できないのと、強制終了が多い以外はなんとかなってます。なんとかなってますが、今度、OSをアップグレードしたとき、果たして使えるかどうか……。

 ここではたと思い出したのですが、Adobeって、アップグレードは過去主要3バージョンまで、という決まりがあるのです。
 GoLive CSは、ギリギリDreamweaverにアップグレードできるのですが、次のバージョンがリリースされたときにどうなるか分かりません。しかも、使用中のAdobePhotoshopがCS3なので、次(CS6)でアップグレードしないとならない。
 ふたつ同時期にアップグレードは懐的に厳しいです。さすがに。

 そんな事情があったため、突然ですがこの時期に、Dreamweaverに乗り換えることにしました。最初から最後(?)まで、Adobeソフトを使い続けていることになるのですが、思えば随分とまた、遠回りしたものです。

 最初からDreamweaverにしておけばよかったなぁ……


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■