書的独話

 
2011年のひとりごと
01月01日 展望、2011年
01月09日 2010年、ベスト
01月15日 Dreamweaverの襲来
02月04日 今ひとたびの…
02月06日 ある相撲人の生き方
02月19日 過去との遭遇
02月26日 伝承の行方
04月28日 満中陰
05月28日 いやー!な人
09月16日 『見上げてごらん。』
10月09日 何度も読みたくなる本
11月14日 不具合本顛末記その2
12月31日 総括、2011年
 



 
 

 
▲もくじへ
2011年09月16日
『見上げてごらん。』
 

 ハルコン・SF・シリーズから出版されていた、ロバート・J・ソウヤーの『見上げてごらん。』ようやく、読みました。

 年に1回、春に「日本で2度目のワールドコン実施」を目標とするコンベンションが開かれるのですが、それが「はるこん」です。開催主体である、はるこん実行委員会が出版しているのが、ハルコン・SF・シリーズ、となります。

 第一回配本は、チャールズ・ストロスの『雪玉に地獄で勝算はあるか?』でした。ストロスは、是可否でも読みたくなるほど好き、というわけではないので、申し訳ないですが、入手してません。
 第二回配本が、ロバート・J・ソウヤーの『見上げてごらん。』でした。ソウヤーは読まねば、と思って、手に入れておきました。

 この本には、ソウヤーがピックアップした3つの短編が収められています。
「星の光、星の輝き」
 ダイソン球で生まれ育ったダルトが見たものとは?
「神の御子は今宵しも(いざ集え、信者たちよ)」
 火星唯一の司祭・ベイリー神父が教皇から依頼されたこととは?
「巨人の肩に乗って」
 くじら座タウに向けて、1200年の航宙を終えた〈パイオニア・スピリット〉号を待っていたものとは?

 それぞれに、ソウヤーの解説も載ってます。
 それと、商業出版の方でソウヤーの翻訳をしている内田昌之のソウヤー解説があります。いまだに三部作の第一部しか翻訳されていない〈キンタグリオ〉への言及は、ありがたい、の一言でした。

 日本語だけでなく英文も掲載されていたり、ハヤカワ・SF・シリーズを模した外装をしていたり。きっちりしたおもしろい本だとは思うのですが、ファンジンですので、通常の流通ルートには乗っていません。そのため、航本日誌ではなく、こちらでご紹介してみました。

 なお、はるこんの公式サイトはこちらです。
 http://www.hal-con.net/


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■