書的独話

 
2014年のひとりごと
01月01日 展望、2014年
01月25日 惜しい!
02月01日 2013年、ベスト
02月15日 過去をふりかえる
08月02日 大河から沼地へ
12月31日 総括、2014年

 



 
 
イラスト
 
▲もくじへ
2014年01月01日
展望、2014年
 

 まるでグダグダだった2013年。
 書的独話の更新は4回のみで、しかもそのうちの3回は毎年お約束の”新年の抱負”だのという体たらく。サイト全体の更新作業もままならず、2014年に突入してもまだ終わっていないというありさま。

 2014年は、このグダグダ加減から脱出します。
 まずは、2011年からこっち、節電ということもあってPCを使わない習慣が定着してましたが、そこから変えていきます。PCを立ち上げると自然と更新作業をすることになるので、パワーオンしてしまえば、こっちのもの……!?

 例年、年明け早々だけは順調に更新しているので、いきなりハイペースにはせずに、徐々にピッチをあげていく方向で調整します。中間の6月あたりに、2014年を振り返る機会を設ける予定。それでうまくいくと良いんですけど。

 さて、毎年の懸案事項である読書目標について。

 2012年、2013年と、毎月7冊読もうと取り組んできました。余裕でクリアした月もあれば、児童書を投入してなんとか凌いだ月もあり、また惨敗した月もありました。
 もう、読めない月ができてしまうのは仕方ない。
 ので、2014年は、トータルで100冊読めるように、臨機応変に活字と向き合います。中間の6月が終わった時点で50冊、というのが目安になりますでしょうか。

 それもこれも、全部自分のため。読めば読んだだけ、おもしろい本と出会える確立が高まるんですから。
 2014年もよろしくお願いいたします。


 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■