書房案内

 
掲載作品リスト「い」
イラスト
 作品名順に並べました。
 航本日誌書的独話共通です。
 改題したものについては、分かる範囲で併記してあります。
 なお、書的独話でタイトルのみとりあげているもの(内容への言及がないもの)については掲載を見送っています。ただし、掲載した本の関連書としてふれている場合にはリストに入ってます。
 
『 』=書名、もしくは長編作品名
「 」=中編、短編等(書名併記)
《 》=シリーズ名(書名併記)
 



 

 
「イークイノックスはいずこに」ジョン・ヴァーリイ
  収録『バービーはなぜ殺される(2006/3)
「イヴ」スティーヴン・バクスター
  収録『真空ダイヤグラム(2003/5)
イエスの遺伝子』マイクル・コーディ(2008/3)
イエスの古文書』アーヴィング・ウォーレス(2011/8)
 

 
「雷(いかずち)と薔薇」シオドア・スタージョン
  収録『不思議のひと触れ(2010/9)
「いかなる海の洞に」ロバート・F・ヤング
  収録『ジョナサンと宇宙クジラ(2006/11)
「イカルスの夏」アーサー・C・クラーク
  収録『10の世界の物語(2015/10)
  収録『メデューサとの出会い(2015/6)
「イカルス・モンゴルフィエ・ライト」 レイ・ブラッドベリ
  収録『スペースマン(2006/1)
「怒れる女ツサイス」ジャック・ヴァンス
  収録『終末期の赤い地球(2015/5)
「生きている家」ウィリアム・テン
  収録『20世紀SF・1(2001/8)
イクナートンの冒険』P・B・カー(2015/11)
「いこいのみぎわ」レスター・デル・レイ
  収録『スペースマン(2006/1)
 

 
《イサークの図書館》ケン・スコールズ
 『失われた都(2012/6)
いさましいちびのトースター』トーマス・M・ディッシュ(2004/9)
いさましいちびのトースター』トーマス・M・ディッシュ(2007/3)
いさましいちびのトースター 火星へ行く』T・M・ディッシュ(2004/9)
いさましいちびのトースター火星へ行く』T・M・ディッシュ(2007/3)
異次元への冒険』ジェリイ・ソール(2006/9)
異次元の女王』C・L・ムーア(2013/4)
「異次元の女王」 C・L・ムーア
  収録『異次元の女王(2013/4)
異次元を覗く家』ウィリアム・ホープ・ホジスン(2004/11)
「意志と壁紙としての世界」R・A・ラファティ
  収録『どろぼう熊の惑星(2001/4)
石の猿』ジェフリー・ディーヴァー(2016/10)
「石の卵」キム・スタンリー・ロビンスン
  収録『80年代SF傑作選(2002/5)
  収録『80年代SF傑作選(2008/8)
石の夢』ティム・パワーズ(2015/6)
イシャーの武器店』A・E・ヴァン・ヴォークト(2005/5)
  書的独話「SF ATB(2009/8)
猶予の月』神林長平(2002/7)
「泉が干上がったとき」R・A・ラファティ
  収録『どろぼう熊の惑星(2001/4)
「異星獣を追え!」クリフォード・D・シマック
  収録『地球の静止する日(2011/6)
異星人情報局』ジャック・ヴァレ(2008/12)
 

 
「いたずら幽霊」田牧大和
  収録『鯖猫長屋ふしぎ草紙(2017/1)
イタルバーに死す』ロジャー・ゼラズニイ(2009/5)
「いちばん寒い場所」ラリイ・ニーヴン
  収録『太陽系辺境空域(2005/7)
一角獣をさがせ!』マイク・レズニック(2012/9)
一矢ノ秋』佐伯泰英(2016/5)
一千億の針』ハル・クレメント (2003/2)
一千億の針』ハル・クレメント(2012/6)
「何時からおいでで」ダニー・プラクタ
  収録『20世紀SF・3(2001/9)
いっちばん』畠中 恵(2014/8)
「いっちばん」畠中 恵
  収録『いっちばん(2014/8)
「一罐のペンキ」A・E・ヴァン・ヴォークト
  収録『終点:大宇宙!(2013/7)
「五つの月が昇るとき」ジャック・ヴァンス
  収録『影が行く(2006/1)
「いつの日か還る」ロジャー・ディー
  収録『空は船でいっぱい(2006/9)
「いっぷく」畠中 恵
  収録『いっちばん(2014/8)
イティハーサ』水樹和佳子(2003)
イティハーサ』水樹和佳子(2011/10)
  書的独話「鼻づまりに効く本(2005/10)
凍月』グレッグ・ベア(2011/5)
「遺伝」アーサー・C・クラーク
  収録『前哨(2005/10)
「遺伝子戦争」ポール・J・マコーリイ
  収録『20世紀SF・6(2002/6)
移動都市』フィリップ・リーヴ(2007/7)
  書的独話「2007年、ベスト(2008/1)
《移動都市クロニクル》フィリップ・リーヴ
 『移動都市(2007/7)
   書的独話「2007年、ベスト(2008/1)
 『略奪都市の黄金(2008/3)
 『氷上都市の秘宝(2010/4)
「愛しのママよ帰れ」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
  収録『故郷から10000光年(2004/11)
 

 
稲妻よ、聖なる星をめざせ!』キャサリン・アサロ(2009/6)
「犬声大合唱」アン・マキャフリイ
  収録『塔のなかの姫君(2004/11)
「犬の散歩も引き受けます」ロバート・A・ハインライン
  収録『地球の緑の丘(2008/4)
「犬の星」アーサー・C・クラーク
  収録『スペースマン(2006/1)
  収録『10の世界の物語(2015/10)
  収録『メデューサとの出会い(2015/6)
犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎』コニー・ウィリス(2009/5)
  書的独話「2009年、ベスト(2010/1)
「犬はワンワンと言った」マイクル・スワンウィック
  収録『グリュフォンの卵(2006/8)
《居眠り磐音江戸双紙》佐伯泰英
   書的独話「《居眠り磐音江戸双紙》読本(2015/8)
   書的独話「《居眠り磐音江戸双紙》読本2(2016/6)
 『陽炎ノ辻(2015/6)
 『寒雷ノ坂(2015/7)
 『花芒ノ海(2015/7)
 『雪華ノ里(2015/7)
 『龍天ノ門(2015/7)
 『雨降ノ山(2015/7)
 『狐火ノ杜(2015/7)
 『朔風ノ岸(2015/7)
 『遠霞ノ峠(2015/7)
 『朝虹ノ島(2015/8)
 『無月ノ橋(2015/8)
 『探梅ノ家(2015/8)
 『残花ノ庭(2015/8)
 『夏燕ノ道(2015/8)
 『驟雨ノ町(2015/8)
 『螢火ノ宿(2015/8)
 『紅椿ノ谷(2015/8)
 『捨雛ノ川(2015/8)
 『梅雨ノ蝶(2015/8)
 『野分ノ灘(2015/8)
 『鯖雲ノ城(2015/8)
 『荒海ノ津(2015/8)
 『万両ノ雪(2015/8)
 『朧夜ノ桜(2015/9)
 『白桐ノ夢(2015/9)
 『紅花ノ邨(2015/9)
 『石榴ノ蠅(2015/9)
 『照葉ノ露(2015/10)
 『冬桜ノ雀(2015/10)
 『侘助ノ白(2015/10)
 『更衣ノ鷹(2016/4)
 『孤愁ノ春(2016/4)
 『尾張ノ夏(2016/4)
 『姥捨ノ郷(2016/4)
 『紀伊ノ変(2016/4)
 『一矢ノ秋(2016/5)
 『東雲ノ空(2016/6)
 『秋思ノ人(2016/6)
 『春霞ノ乱(2016/6)
 『散華ノ刻(2016/6)
 『木槿ノ賦(2016/6)
 『徒然ノ冬(2016/6)
 『湯島ノ罠(2016/6)
 『空蝉ノ念(2016/7)
 『弓張ノ月(2016/7)
 『失意ノ方(2016/7)
 『白鶴ノ紅(2017/4)
 『意次ノ妄(2017/4)
 『竹屋ノ渡(2017/8)
 『旅立ノ朝(2017/8)
 「跡継ぎ」
   書的独話「《居眠り磐音江戸双紙》読本(2015/8)
 「橋の上」
   書的独話「《居眠り磐音江戸双紙》読本2(2016/6)
生命の泉』ティム・パワーズ(2012/2)
  書的独話「2012年、ベスト(2013/1)
「祈り」ジョアンナ・ラス
  収録『80年代SF傑作選(2002/5)
  収録『80年代SF傑作選(2008/8)
「祈り」アルフレッド・ベスター
  収録『冷たい方程式(2001/9)
 

 
「いばらの森」タニス・リー
  収録『血のごとく赤く −幻想童話集−(2012/7)
茨文字の魔法』パトリシア・A・マキリップ(2009/10)
「イプスウィッチの瓶」ランドル・ギャレット
  収録『SF九つの犯罪(2006/7)
「イフリート」R・A・ラファティ
  収録『どろぼう熊の惑星(2001/4)
 

 
「いまひとたびの」H・ビーム・パイパー
  収録『ここがヴィネトカなら、きみはジュディ(2011/5)
いまひとたびの生』ロバート・シルヴァーバーグ(2005/6)
いまひとたびの生』ロバート・シルヴァーバーグ(2010/6)
  書的独話「記録による不死世界(2005/9)
 

 

 
イリーガル・エイリアン』ロバート・J・ソウヤー(2002/11)
イリーガル・エイリアン』ロバート・J・ソウヤー(2012/11)
  書的独話「初心者にすすめるSFって…(2004/11)
  書的独話「2002年ベスト(2005/5)
イルカの島』アーサー・C・クラーク(2006/11)
イルカの日』ロベール・メルル(2012/8)
  書的独話「挫折のタイミング(2012/8)
「イルカの流儀」ゴードン・R・ディクスン
  収録『20世紀SF・3(2001/9)
《イルスの竪琴》パトリシア・A・マキリップ
  書的独話『180日の隔壁(2017/8)
 『星を帯びし者(2017/2)
 『海と炎の娘(2017/5)
 『風の竪琴弾き(2017/5)
魔術師(イリュージョニスト)』ジェフリー・ディーヴァー(2016/12)
 

 

 
「インサイダー疑惑」コニー・ウィリス
  収録『混沌ホテル(2014/7)
インヴェイジョン −侵略−』ロビン・クック(2008/12)
「インキーに詫びる」ロバート・M・グリーン・ジュニア
  収録『時の娘(2010/3)
イン ザ・ミソスープ』村上 龍(1999/1)
インテグラル・ツリー』ラリイ・ニーヴン(2004/7)
インテグラル・ツリー』ラリイ・ニーヴン(2012/8)
  書的独話「『インテグラル・ツリー』と『天の筏』(2004/8)
イントゥルーダー』高嶋哲夫(2014/11)
「インドから来た青年」小林恭二
  収録『日本国の逆襲(1999/7)
  収録『日本国の逆襲(2000/1)
  収録『日本国の逆襲(2004/9)
 
 

 
■■■ 書房入口 ■ 書房案内 ■ 航本日誌 ■ 書的独話 ■ 宇宙事業 ■■■